女の人

ミネラルファンデーションのランキングから理想のアイテムを見つける

洗顔に石鹸を使うなら

自分の肌に合った石鹸選び

洗顔石鹸なら、どれを選んでも同じだと思っている方がいます。しかし実は、使用する洗顔石鹸1つで、肌の状態が変わってくることもあります。では、どのような石鹸を選べばいいのでしょうか。自分の肌にとって良い洗顔石鹸を選ぶためには、自分の肌の状態を知ることが必要です。脂性肌の方と乾燥肌の方では、向いている石鹸が異なってきます。例えば乾燥肌の方の場合、オレイン酸が多い石鹸が選ばれる傾向にあります。オレイン酸が多いものを利用することで、必要以上に皮脂を落とすことを防げます。一方で、洗い上がりがさっぱりしている方がいいことは、皮脂を落とす能力が低いオレイン酸が多い石鹸は物足りなさを感じることもあります。そのような方には、ステアリン酸やパルミチン酸が多いものが向いています。

洗顔方法で肌が変わる

洗顔石鹸のメリットを活かすためには、洗顔方法も大切になってきます。まず当たり前のことですが、顔を洗う前に手洗いをしましょう。手に雑菌がついた状態で顔を洗うと、顔に雑菌が移ってしまうのです。そして毛穴の汚れを落としやすくするために、ぬるま湯で洗うこともポイントです。また洗顔石鹸を使う時には、よく泡立てることが必要となってきます。泡立ちが弱いと肌を傷つけてしまうこともあるので、よい泡立ちが汚れの落としやすさにも繋がります。洗うときは皮脂の多い額や鼻から洗っていきましょう。強くゴシゴシ洗うように洗う方もいますが、優しく洗うことも大切です。洗い終わったら、泡をキレイに流します。泡が残ってしまうと肌にダメージを与えてしまうので、泡が残らないように注意が必要です。